1. トップページ
  2. サステナビリティ
  3. Social(社会)

Social(社会)

テナントとの取組み

テナント満足度調査

投資法人では、定期的にテナント満足度調査を実施することにより、要望事項・改善点を把握し、テナントの皆様が快適に過ごせる環境づくりに努めています。

テナントへのサステナビリティガイドの配布

投資法人では、入居テナントとの協働を促進する取り組みの一環として、サステナビリティガイドを作成・配布しています。このガイドでは、主に「環境」と「働く人の快適性」という観点で、オフィスで働く私たちにできる取り組みを実際の事例を交えて紹介しています。投資法人はサステナブルな社会の実現に向け、テナントの皆様と共に様々な取り組みを継続していきます。

テナントへの取り組み事例

投資法人では、入居テナントに配慮し、健康で働きやすく、安全な環境を確保するための取組みを行っています。

キッチンカーの誘致

平日昼、ビルの空きスペースにキッチンカーを誘致しています。ランチのバリエーションが増えると、オフィスワーカーの皆様にご好評を頂いています。

三井不動産レジデンシャル株式会社・三井不動産レジデンシャルサービス株式会社とRIS Design and Management株式会社が共同企画を行っているキッチンカープロジェクト「月夜のキッチン」を開催しています。

無人コンビニの設置

テナントの生活利便性の向上を図り、無人コンビニを設置しました。当該無人コンビニは、食品や飲料物も取り扱っており、大規模災害等発生時など非常時には居住者に対して無料開放するなど、BCP対応の一環としても寄与するものになっています。

災害への備え

コロナ禍での災害を想定した帰宅困難者受け入れ訓練を実施しています。当日は、ビル側スタッフに加え、テナント企業様にもご参加いただきました。一時滞留スペースや物資配布スペースなどの設営を行い、災害時の問題点の改善と準備時間の短縮に努めています。

敷地内の防火水槽の設置により、地域社会への安心安全に協力していると評価をいただき渋谷消防署より感謝状が贈られました。

地域への取組み

投資法人では、施設利用者、周辺環境、地域コミュニティなどのステークホルダーに配慮し、地域コミュニティとの共存やその活性化につながる取組を実施しています。

地域への取組み事例

自治体・地域コミュニティの中での取組み

コロナ禍の影響により、イベントの見合わせや非接触型イベントの開催などの対応をしております。2020年度は保有物件において地元高校生によるバンド演奏会の開催をいたしました。

テナント要望に対応すべく、保有物件の一部区画を新型コロナウイルスのワクチン職域接種会場として提供し、6月末~9月末の期間において、テナント社員様約9,000人のワクチン接種を実施しました。

サステナビリティ

ページトップへ